ADHDADHD(注意欠陥多動性障害)とは

ADHD(注意欠陥多動性障害)

近年よく耳にする、ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、発達障害のひとつです。
不注意(集中力がない)・多動性(じっとしていられない)・衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの症状が見受けられ、年齢や発達に不釣り合いな行動が、仕事・学業・日常のコミュニケーションに支障をきたすことがあります。
ADHD(注意欠陥多動性障害)は子どもに多いと思われがちですが、大人のADHDも珍しくなく、患者数も増加しています。当クリニックでは、ADHDの診断・治療を行っておりますので、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

ADHD(注意欠如多動性障害)の主な症状

ADHD(注意欠如多動性障害)とは、「不注意(物事に集中することができず、忘れ物や物をなくすことが多い)」「多動性(落ち着きがなく、じっとしていることが苦手)」「衝動性(思いついた行動を唐突に行う・順番待ちができない)」の3つを中心的な症状とする発達障害です。

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 「不注意」の具体的な症状例
  • 好きなこと・興味のあることに対しての集中力が高く、他のことへの切り替えが難しい
  • 話しかけられているのに気づかない、または話を聞いていないように見られることが多い
  • 学業や仕事の場面で、細かいところまで注意を払うことが苦手で、不注意による間違い・失敗が多い
  • 注意力・集中力が長続きせず、気が散りやすい
  • 学業や仕事に必要なものをなくしてしまったり、約束や期日を忘れることが多い
  • 物事を計画立てて進行する時間管理や、整理整頓をするのが難しい
  • 単純作業など、同じことを繰り返すのが苦手
  • 外部からの刺激で気が散ることが多く、無関係な考えが浮かんでしまう
  • 「多動性」の具体的な症状例
  • 人の話を聞かず一方的にしゃべる・しゃべりだすと止まらないなど、過度にしゃべる
  • 授業中や会議中に席を立ってしまったり手遊びをしてしまうなど、長時間じっとしていることが苦手
  • 落ち着きがないと指摘されることが多く、じっとしていられない人と見られることがある
  • 夢中になりすぎて周りが見えなくなったり過激になってしまうなど、周りと強調してなにかを行うことが難しい
  • 「衝動性」の具体的な症状例
  • 人が話しているのを遮って発言してしまったり、質問が終わる前に出し抜けに答えてしまうことがある
  • 自分の発言や行動を抑えることが苦手で、相手の意見や話を聞くことを忘れてしまう
  • 他人のものを使う際に、相手の許可を得ずに使い始めてしまうことがある
  • 一番にこだわって横から割り込んでしまうなど、順番を守ることが苦手
  • 車を運転する際に、過度にスピードを出し過ぎてしまったり、無理な追い越しを繰り返すことがある

ADHD(注意欠如多動性障害)の原因と、その後の経過

現時点では、ADHDの発症原因ははっきりしていません。しかし、生まれつきの脳の発達の偏りが関係していると考えられており、育て方やしつけによって起こるものではありません。その他、遺伝との関係についての研究が進められたり、脳内の神経伝達物質の関与も明らかになってきています。つまり、脳の機能的な原因により、発達・成熟に偏りが生じ、ADHDの症状が現れると考えられています。

かつてADHDの症状は、成長にしたがって改善していくと考えられていました。しかし近年、慢性的な経過をたどることが多いことが明らかになってきました。大人のADHDが注目されるようになったのもこのためです。
ADHDの経過としては、かつて一番多いと考えられていた「成人期までに症状が消失するタイプ」の他に、「成人期まで症状が続くタイプ」、「症状の持続に加え、気分障害やアルコール・薬物依存といった障害を合併するタイプ」に分類できます。

ADHDのその後の経過を左右する要因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • ADHDのその後の経過を左右する要因
  • ADHD以外の障害(気分障害や依存症など)・疾患を合併していないこと
  • 良好な知的能力があること
  • 著しい劣等感を持たず、自尊心がひどく低下していないこと
  • 精神が安定している(感情が不安定でない)こと
  • 成功体験(過去に何かを達成した自信や記憶)があること
  • ADHDに対して周囲の理解が得られており、サポートや協力が望めること

ADHD(注意欠如多動性障害)の診断方法

  • ADHD(注意欠如多動性障害)の可能性があるかどうか、現在の症状を確認

    ADHDの代表的な症状が記載されているチェックリストなどを用い、現在の症状を調べていきます。

  • 幼少期の頃からの状況を確認

    幼少期から現在までの生い立ちや、小児期および成人期にADHDの症状があったかどうかについて医師が問診します。

  • 症状の程度を調べる

    ADHDの症状の程度を数値化します。ご本人だけでなく、家族・友人など、身近にいる方と回答するのが理想的です。

  • 脳器質性疾患や他の身体疾患がないか検査

    必要に応じて、脳波検査・頭部MRI/CTなどによる画像診断・血液検査など、各検査を行います。

  • 併存疾患や他の精神疾患がないかを調べる

    うつ病などの気分障害など、併存疾患がないかどうかを医師が問診します。

ADHD(注意欠如多動性障害)治療のポイント

ADHDの治療は、環境や周囲の対応の変化を加えながら、意識して訓練を重ねていくことにより、対人関係能力や社会性を身につけていく「心理社会的アプローチ」に加え、必要に応じて、ADHDの症状を抑えて行動のコントロールをしやすくする「薬物治療」を組み合わせて行われます。日常生活にきたす支障が大きい場合には、早期から薬物利用を併用することもあります。

  • 心理社会的アプローチ
  • 専門医の指導のもと、ADHDの方が自分自身の特性を理解し、生活のリズムを作ったり、スケジュールを決めて自身のセルフコントロールを行います。これらの工夫が、生活環境や人間関係を改善する一歩となります。 また、社会で快く受け入れられる行動、態度とはどのようなものかをしっかりと理解していくことも大切です。対人関係の技能や社会のルールを学び、適切な行動をとることができるような方法を考えていきます。
  • 薬物療法
  • ADHDでは、ドパミンやノルアドレナリンの作用が不足気味であるといわれています。不足気味な神経伝達物質を増やす働きのある「メチルフェニデート徐放錠」や「アトモキセチン」などが、ADHDの治療薬として認められたお薬で、不注意・多動性・衝動性などのADHDの主な症状を改善する効果があります。 ただし、はっきりとしたメカニズムが解明されているわけではありません。それぞれの方に最適なお薬の量も異なりますので、医師の指示通りに服用することが大切です。
  • ご予約・お問い合わせ
    082-286-2335
    受診に迷われている方のご相談もお受けしております。
    診療時間/午前 9:00〜12:30 午後 14:30〜18:00
    休診日/木曜、土曜午後、日曜、祝日
    ▲…土曜日は午前診療のみとなります。(9:00〜14:00まで)
  • 〈診療時間〉
    午前9:00〜12:30
    午後14:30〜18:00